文化学園のトップページへ

理事長挨拶 学校法人文化学園

トップページ > 理事長挨拶

 文化学園は、1923年の創立以来、日本のファッション教育の中心的な存在として指導的な役割を果たしてきました。そして現在、ファッション産業への人材育成はもとより、21世紀における服飾文化や関連する生活造形の領域、それに伴う科学の分野において文化学園が与えられた社会的・教育的使命を果たすべく、世界を視野にいれたファッションの拠点づくりに取り組んでいます。
 そのために国際社会で認められる研究・教育環境を整えていくグローバリゼーション、ファッション分野に関する技術革新の中核的な役割を担っていくイノベーション、新しい発想や創造ができる人材の育成を目指す教育機関としてのクリエーション、これら3つのキーワードを重要なファクターと考え学園の発展を目指しています。

 文化学園には大別して教育部門と収益事業部門の2部門があります。教育部門として、文化学園大学(旧文化女子大学)は「新しい美と文化の創造」を建学の精神に掲げ、大学院博士課程までを持つ高等教育機関として高度な学術研究の機能を備え、また、文化服装学院は国内のみならずグローバルな視野でファッション産業界における人材育成の場としての機能を担い、国際レベルのクリエーターを数多く輩出しています。そしてファッション分野で日本初の専門職大学院である文化ファッション大学院大学は、国際社会におけるファッションビジネスシーンで日本ブランドを確立できる新しい創造者を育成しています。また、文化外国語専門学校は、多くの国から留学生を受け入れて、日本語の専門教育機関として評価を得ています。

 さらに附属機関として、服飾に関する教材開発や産学連携で共同研究を行う5つの附属研究所と、服飾関連資料の集積・情報提供を行う図書館服飾博物館ファッションリソースセンターを設置し、学内の教育・研究を支援するとともに、広く国内外の研究者や専門家、産業界へも貢献しています。また、国際交流センターでは14か国46校におよぶ海外提携校との学術・文化交流や、留学生・留学希望者のサポートなどを行ない、知財センターでは、学内で生まれた特許や実用新案などの知的成果の保護を図り、社会貢献していくために産官学での連携を進めています。

 収益事業部門は文化出版局と文化事業局で構成されています。文化出版局では服飾研究誌「装苑」、生活総合誌「ミセス」をはじめファッション関連の専門書や実用書の発行を行い、また学園独自のカリキュラムを教科書として中国語・韓国語・英語版化し、最先端の情報を発信しています。そして、ファッションデザイナーへの登竜門とされているファッションコンテスト「装苑賞」では毎回優れた才能を発掘・支援するなど、わが国のファッション界に大きな貢献をしています。文化事業局は服飾教材や教科書の販売、宿泊研修施設の運営を行っています。学園管理本部においては、学園に隣接した23階建ての新宿文化クイントビルの運営、渋谷区と連携のもと開設された若手デザイナーの創業支援の施設、文化ファッションインキュベーションの運営を行っています。これらの収益は学園の経営を支える基盤の一つとなっています。

 また、文化学園の国際的取り組みは、諸外国からの要請によるファッションを通じた文化交流事業、海外提携校とのコラボレーションや学術交流、40数か国からの留学生の受け入れ等、活発に行われています。そして国際ファッション工科大学連盟(IFFTI)の国内唯一の加盟校となっており、2014年には学園においてIFFTIの年次総会・国際会議を開催することとなり、国際的な連携を行いながら現在に至っております。

 このように文化学園は、各部門の要素と知恵を融合し、教育機関として常に新しいものを創造し得る人材育成を目的として、永年培ってきた独自の研究・教育システムと国際的ネットワークを生かし、世界に向けたファッションの拠点を目指しています。