文化学園のトップページへ

附属研究所 学校法人 文化学園

トップページ > 附属研究所

文化・服装形態機能研究所

文化・服装形態機能研究所の写真

 教育現場における教材開発と衣服制作に必要な人体計測データを取得するために各種計測機器を設置して、その結果を広くアパレル業界に提供しています。今までに開発されたボディが、日本青年男女、50歳代女性、他に子供ダミー、青年女性のパンツボディなどがあります。多くのアパレル企業との共同研究開発も行い、さまざまな成果を上げています。近年は高齢化社会に向け、中高年医療のための人体計測やそれらをもとにした衣服形態の研究や商品開発も進めています。また、健常者だけでなく、すべての人々がファッションを楽しめる環境の構築をめざし、障がい者衣料に関する研究も行っています。



文化・衣環境学研究所

文化・衣環境学研究所の写真

 衣服は人間を取り巻く最も身近な環境です。本研究所では、乳児から高齢者にいたるさまざまな人が着る衣服、すなわち、下着からスポーツウェア・ワーキングウェアにいたる各種アパレル衣料の快適性・機能性に関する研究・開発を行っています。研究所には4つの人工気候室と人体動態計測室が設備され、各種衣服の素材・構造、その消費科学性能の評価のほか、脳波・心電図・筋電図・代謝・血流・サーモグラフィ等を用いた人間の感覚や心理・感性に関する研究や、3次元人体計測や3次元動作分析、衣服圧計測等の装置を用いた人間工学研究を実施しています。その他にも、皮フ3次元形状測定装置や超音波断層装置を備え、人間をシュミレーションしたスキンモデルや発汗ロボットの開発による企業との共同研究など、先端的な研究開発を展開しています。



文化・住環境学研究所

文化・住環境学研究所・講習の様子

 2003年(平成15年)に開設された文化・住環境学研究所では、「学内外の共同研究の推進」「体験型教育プログラムの開発」「研究所報の発行」を継続的に行っています。「学内外の共同研究の推進」では、古民家のリニューアル技術(写真)など、住環境をテーマとした共同研究を推進しています。また、「体験型教育プログラムの開発」では、文化学園大学の建学の精神である「新しい美と文化の創造」のために新しい造形教育方法を開発しています。これは、実物を見たり、実際に触れたりすることのできる教材を開発し、これらの教材の教育効果について検証する研究です。これらの研究成果は、学内研究発表会等で成果の共有化を推進するとともに、隔年で発行する研究所報「しつらい」にも掲載し、広く社会に公表しています。



文化・ファッションテキスタイル研究所

 東京・八王子市のテキスタイルメーカーの工場施設等を取得し、ファッションテキスタイル研究所として設備を行い、2013年(平成25年)5月に開設されました。八王子の織物技術を残すとともに、伝統的なテキスタイル資料などの保持や新しい織物の研究・開発を進めながら、学習の場として活用していきます。この施設の利用により、デザイナー育成等においてもテキスタイルからのデザイン発想や、開発したテキスタイルを用いたファッションショーの開催など、テキスタイルからオリジナルを追求することが可能になり、教育面においても新たな構図を図っていきます。



和装文化研究所

 2012年度(平成24年)までの5ヶ年間「特色ある共同研究拠点の推進事業」において指定を受けた「文化ファッション研究機構」が、共同利用・共同研究拠点として分野横断的な服飾文化の研究を進めてきた中で、本学が所蔵する研究資料を活用した「和装文化の研究」を大きな柱のひとつに位置づけて、2013年度より発足しました。各方面の研究者の協力も得て、和装の文化的側面から現代ファッションへの応用にわたる多角的な研究を展開していきます。