文化学園のトップページへ

学園の歩み 学校法人 文化学園

トップページ > 学園の歩み

学校法人 文化学園の経緯 【年表】

1919年(大正8年)
並木伊三郎、東京・青山に「並木婦人子供服裁縫店」を開き、同店舗内に「婦人子供服裁縫教授所」を開設。
1922年(大正11年)
  • 並木伊三郎と遠藤政次郎、東京・牛込袋町に「文化裁縫学院」を開校。
  • 並木伊三郎、文化式裁断法を確立。『婦人子供服講義録』を著す。
1923年(大正12年)
6月23日、東京府各種学校令により、わが国初の洋裁教育の各種学校として認可、「文化裁縫女学校」と改称し、新発足。この日を創立記念日と定める。
1927年(昭和2年)
代々木の校舎 現在地の東京・代々木に移転。
1934年(昭和9年)
書籍『洋裁全書』、服装専門雑誌『服装文化』を出版。
1935年(昭和10年)
「財団法人並木学園」設置。わが国初の法人認可の洋裁専門学校となる。
1936年(昭和11年)
  • 「文化洋裁講座」全6巻完成。
  • 服装研究雑誌『装苑』創刊。
  • 「文化裁縫女学校」を「文化服装学院」と改称。
1946年(昭和21年)
終戦後の開学式挙行。午前・午後・夜間(隔日)の三部制とする。
1947年(昭和22年)
「文化服装学院連鎖校」制度を創設、文化式洋裁教育の全国的なネットワーク化を確立。
1950年(昭和25年)
「文化女子短期大学」開学、「服装科」を設置。
1953年(昭和28年)
ファッションショーのイメージ
  • 学院、わが国初の「ファッション・モデル養成科」を設置。
  • フランスのクリスチャン・ディオール一行を招聘し、学院ほか、東京(東京会館)、名古屋、京都、大阪でファッションショーを開催。
1954年(昭和29年)
  • 学院、ニューヨーク・タイムズ紙上で紹介される。
  • アメリカのハワード・グリア一行を招聘、ファッションショーを開催。
1955年(昭和30年)
円型校舎のイメージ 学院、日本建築界初、高層「円型校舎」完成。
1956年(昭和31年)
『装苑』創刊20周年を記念し、ファッションデザイナーへの登竜門「装苑賞」を創設。
1957年(昭和32年)
「師範科」の男子学生たち
  • 学院、開校以来初の男子学生が
    「師範科」に入学。
  • 「文化服装学院通信教育部」を開設。
1958年(昭和33年)
フランスのデザイナー、ピエール・カルダン氏来日し、学院講堂で作品ショーを開催。
1960年(昭和35年)
  • モード誌『ハイファッション』創刊。
  • 学園、第一次服飾研究視察団が渡欧米。以後、第三次まで実施。
1961年(昭和36年)
ピエール・カルダン氏来校の様子
  • フランスのデザイナー、マギー・ルフ女史とジャック・グリフの両氏の作品ショー開催。
  • ピエール・カルダン氏再度来校し、学院の名誉教授となる。
  • 『ハイファッション』に「カルダン賞」を創設。
  • 婦人誌『ミセス』創刊。
1962年(昭和37年)
長野県飯山市に「北竜湖山荘」「北竜湖スキー場」を開設。
1963年(昭和38年)
学園創立40周年を記念し、デザイン大賞「遠藤賞」「並木賞」を創設。
1964年(昭和39年)
  • 「文化女子大学」開学、「家政学部・服装学科」を設置。
  • 「文化女子短期大学」は「文化女子大学短期大学部」となる。
1966年(昭和41年)
フランス・パリ市に「装苑パリ支局」開設。
1967年(昭和42年)
長野県軽井沢レイクニュータウンに「軽井沢山荘」完成。
1969年(昭和44年)
  • 「文化女子大学室蘭短期大学」開学、「服装科」「保育科」設置。
  • 「文化女子大学図書館」落成。
  • 英国政府共催による「英国フェア・ファッションショー」を東京・虎ノ門ホールで開催。
  • 学院、アメリカ・ニューヨーク市の「ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)と提携。
1972年(昭和47年)
  • 「文化女子大学大学院」開設、修士課程「被服学専攻」を設置。
  • 東京・多摩市に「文化女子大学附属すみれ幼稚園」開園。
1973年(昭和48年)
  • 学園創立50周年を迎え、法人名を「学校法人文化学園」に改称。
  • 英国政府共催による「ロンドン・ファッション・フェスティバル」を東京・虎ノ門ホールにて開催。
1974年(昭和49年)
文化女子大学の附属校として「文化女子大学附属杉並高等学校」開校。
1975年(昭和50年)
ピエール・カルダン氏再来校し、学院講堂でファッションショーを開催。
1976年(昭和51年)
  • 学院、専修学校制度による専門学校に認可される。
  • 「文化女子大学室蘭短期大学附属幼稚園」開園。
1979年(昭和54年)
文化学園服飾博物館のイメージ
  • 学園創設60周年・遠藤記念館落成記念式典。
  • 「文化学園服飾博物館」開館。
1980年(昭和55年)
  • 「文化外国語専門学校」開校。
  • 学院の教育制度改革として「服飾専門課程」「ファッション工科専門課程」「ファッション流通専門課程」を設置。
1983年(昭和58年)
  • 学院、「ファッション工芸専門課程」を設置。
  • 文化女子大学の附属校として「文化女子大学附属長野高等学校」並びに「文化女子大学長野専門学校」開校。
1985年(昭和60年)
小平キャンパスのイメージ
  • 大学、東京・小平市に校舎(小平キャンパス)
    完成。
1986年(昭和61年)
文化女子大学の附属校として「文化女子大学附属杉並中学校」開校。
1989年(平成元年)
大学院、博士後期課程「被服環境学専攻」を設置。
1991年(平成3年)
大学、小平キャンパスに「文学部」を設置。
1994年(平成6年)
学院、新カリキュラム体制をスタートし、単位制に移行。
1996年(平成8年)
学院、「文化ファッション・オープンカレッジ」を開講。
1998年(平成10年)
21階建て新校舎のイメージ
  • 21階建ての超高層新校舎(A・B・C館)完成。
  • 大学院、修士課程「生活環境学専攻」を設置。
1999年(平成11年)
  • 「文化学園ファッションリソースセンター」を開設。
  • 文化学園附属研究所として、「文化・服装学総合研究所」「文化・服装形態機能研究所」「文化・未来ファッション研究所」を設置。
2000年(平成12年)
  • プラザ棟完成。
  • 大学、新教育・研究体制として、家政学部を「服装学部」と「造形学部」に改組。
2002年(平成14年)
  • 「文化学園国際交流センター」を開設。
2003年(平成15年)
80周年記念式典の様子
  • 文化学園収益事業棟「新宿文化クイントビル」
    完成。
  • 「文化ファッションビジネススクール(BFB)」
    開校。
  • 文化学園附属研究所として、「文化・衣環境学研究所」「文化・住環境学研究所」を設置。
  • 学院、中国・東華大学内に「日本文化服装学院」を開校。
  • 大学の「文化祭」が文部科学省の「特色ある大学教育支援プログラム」に選定される。
2004年(平成16年)
  • 学院、遠藤賞、並木賞、メンズファッション大賞を名称統一し、「文化服装学院ファッションコンテスト」として、審査会を開催。
  • 大学、文学部を「現代文化学部」に改称。
  • 文化学園創立80周年、文化長野学園創立20周年記念「JAPANファッションの軌跡」展を長野県信濃美術館にて開催。
2005年(平成17年)
  • 「文化学園知財センター」開設。
  • 大学、第7回IFFTI(国際ファッション工科大学連盟)の年次総会・国際会議を開催。
2006年(平成18年)
日本初のファッション分野の専門職大学院「文化ファッション大学院大学(BFGU)」開学。
2007年(平成19年)
学院、「ファッション高度専門士科」(4年制)設置。
2008年(平成20年)
  • 学院、直営校「専門学校 文化服装学院広島校」開校。
  • 大学、文部科学省より「服飾文化共同研究拠点」に採択され、「文化ファッション研究機構」開設。
  • 大学、「留学生別科」を設置。
  • 「文化学園アカデミックアーカイブセンター」開設。
2010年(平成22年)
  • 「文化ファッションインキュベーション」開設。
2011年(平成23年)
  • 大学、「文化学園大学・文化学園大学短期大学部」に改称。
  • 「文化学園国際ファッション産学推進機構」設置。
2012年(平成24年)
  • 大学、短期大学部、全学部全学科で男女共学の教育を開始、第1期目の男子学生が入学。
  • 学院、中国で2校目となる合作校「魯美・文化国際服装学院」を、魯迅美術学院の大連キャンパス内に開校。
2013年(平成25年)
  • 附属研究所「文化・ファッションテキスタイル研究所」設置。
  • 附属研究所「和装文化研究所」設置。
  • 旧ふじ学生会館を改修し、「紫苑学生会館」開館。

▲ このページのトップへ