特許出願までのサポート手順について

出願手続きについては、知財センターがサポートをいたしますので、遠慮なくご相談ください。


1. 共同研究の契約

企業などの学外機関との共同研究を始める際に、学外共同研究計画書と共同研究申請書を提出していただきます。

2. 発明届出書・譲渡証書の作成・提出

権利化可能な研究成果について、学校法人文化学園職務発明取扱規程に従い、各校を通して発明届出書を提出していただきます。後ほど、譲渡証書を提出していただきます。
発明届出書、譲渡証書の書式は、パブリックフォルダー→知財センターフォルダーから入手できます。

3. 審 査

発明届出書の記載内容をもとに、知財センターで適切な有識者を招集し審査を行います。出願可となった場合には、その後の取扱いは知財センターが行います。

4. 明細書作成のためのヒアリングと内容確認

学園帰属が決定した後、出願のため明細書作成のヒアリングをさせていただきます。必要に応じて学園専任の弁理士が明細書の作成をサポートします。弁理士が作成した明細書原稿の内容を確認し、必要があれば修正を行います。

5. 特許出願

完成した明細書を特許事務所から国内外の特許庁に出願します。なお、特許事務所への手続き・支払いは知財センターが行います。ただし学外機関との共同出願の場合は契約内容に従って対応させていただきます。
学外機関との共同出願の場合は(1)から、個人職務発明の場合は(2)からの手順となります。