文化学園における知的財産とは

知財センターは、学園で生み出された知的財産を、原則として学園帰属として一元管理、知的財産の社会への還元を学園が主体的に行える体制にしていきたいと考えています。「知的財産」とは、文化学園の職員による研究や創造による成果のうち、財産としての価値のあるものを指します。また「職務発明」とは、学園の設備・資金を用いて職務範囲内で行った研究や創造から生まれた発明を指し、これらは知的財産に包含されると考えています。学園の皆様には、職務発明について知財センターに届け出ていただき、審査を行ったうえで、学園帰属とするものに対しては出願や活用についてサポートしていきます。
また本学園の扱う知的財産の範囲は、主に次のように考えています。


1. 特許権、実用新案権、意匠権、商標権

文化学園の職員が、職務発明として職務範囲内で行ったことにより発明し、出願されるべきであると判断されたもの等が該当します。


2. 著作権

文化学園の職員の著作物(論文、小説、絵画、彫刻などの造形物)や職員が作成したプログラム、デジタル・コンテンツなどで、著作権の管理を学園に依頼する届出のあったものが該当します。


知的創造サイクルとは

知的創造サイクルの図

研究開発により発明をし、その発明で特許権を取得し、その権利を活用して事業を行って収益を上げ、この収益を用いて新たな研究開発を行うというシステムです。これを学園と産業界で上手に回していくことが、産業の発展を促し、豊かな社会を築いていくことになります。


文化学園知財センターの働きについて

ファッションは著作権による保護を受けることが難しいといわれている知的・文化的資産であり、今後は積極的な海外展開とそれに必要な環境整備が課題となっております。
具体的な仕事としては、特許、実用新案、意匠、商標などの出願サポートや企業との共同・受託研究、技術移転など産学官連携の推進を総合的に展開していきたいと考えています。また知的財産の権利化にともない、取得や保護、活用に関する考え方を教職員に普及、啓発に努めていきたいと思います。