Info&News

第8回知財センター講演会の開催

第8回知財センター講演会の開催 平成26年12月5日(金)、教職員・学生を対象とした、知財センター主催の講演会を開催しました。 学校と企業が連携して学生作品を商品化する等、創作にかかわる産学連携事業が近年増加していることを受け、著作権や守秘義務の観点から、産学連携事業における留意点について、弁理士の板垣忠文氏にご講演いただきました。 当日は、知的財産権や契約についての基本的な考え方をご解説いただいた後、具体的な事例について解決方法を考えるケーススタディを行いました。 大変実践的な講演会となり、知的財産権についての理解を深め、学生や作品を守るための知識を身につける機会となりました。


第7回知財センター講演会の開催

第7回知財センター講演会開催 平成25年12月11日(水)、教職員・学生を対象とした、知財センター主催の講演会を開催しました。 弁理士の佐藤祐介氏を講師に迎え、「作品の知的財産権を守るために」と題し、創作作品を保護する知的財産権についてご講演いただきました。 自らの権利を守り、他者の権利を侵害しないためにはどうしたらよいか、実際の訴訟例を交え、熱心な質問や意見交換がなされました。 本年は、文化学園大学・文化服装学院あわせて2件の特許を取得しており、知的財産の活用に向け、今後もテーマを検討しながら講演会を開催する予定です。


第6回知財センター講演会の開催

第6回知財センター講演会開催 平成24年11月22日(木)、教職員、学生を対象とした知財センター主催の講演会を開催しました。
 「デジタルコンテンツの著作物の取扱いについて」と題して、一色国際特許業務法人の板垣忠文氏が講演されました。インターネットを行う際の著作権について、ケーススタディを交えた講演で、質疑応答では多くの熱心な質問や意見交換がなされました。知的財産や著作権に関しては難解なものが多く、今後もテーマを検討しながら開催する予定です。